仮想通貨評論家コインマンブログ

仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。

経営の失敗

 

原子力発電所の稼働について裁判所が差し止めを命令するなど、2011年3月の震災に伴う福島原発事故の影響が現在も色濃く残っている。

 

また、東京電力に対する原発裁判も継続しており、さまざまな利害が絡み合いながら事故という結果に対して司法が判断を求められている状態だ。

 

結果責任という意味では東電が対処していく必要があるが、裁判の継続によって経営体力が奪われていくことも確かだろう。

 

今回紹介する資料は、福島原発事故について東電が訴えられている裁判の状況を報告するものだ。

 

2011年3月の地震津波は想像を絶するものだったが、東電の対応に問題があったと本書は述べている。

 

また、当時の代表取締役会長と社長が東京におらず、 対応が後手に回ったということも事実であり、両者が共に本社を外すという危機意識の低さも問題を深刻にさせたと考えられている。

 

経営の失敗を考え、自分が似たような状況になった時、冷静に対処する上で一読の価値がある資料である。