仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

セカンドオピニオンを求める理由

 

患者は知らない 医者の真実

患者は知らない 医者の真実

 

私はあまり病院にかからない方であるが、歯医者には3カ月に一度行ってクリーニングと検診をしている。

 

また、行政が半年に一度歯の検診サービスを提供しており、それを使って別の歯医者でも検診をしてもらっている。

 

2人の歯科医から診てもらうためであり、虫歯かどうかの判断などについてセカンドオピニオンをもらうことも可能である。

 

今回紹介する資料は、患者が知らない医者の真実を暴いている。

 

大学病院をテーマにした医療ドラマが人気になっているが、本書は実際の医師の意見が散りばめられており、いろいろな意味で参考になる。

 

興味深かったのは、「『説明がよくわからない』という不信感が、『別の医者を受診したい』という気持ちに(P86」)部分である。

 

セカンドオピニオンに関する説明を行っている箇所であるが、最初に受診した医者の説明が不透明な場合、セカンドオピニオンという名の下に別の医者を探してしまうのだそうだ。

 

全幅の信頼を寄せている医者の言うことであれば、そのまま受け入れるケースが多いため、この部分は「なるほど」とうなづけることが多かった。

 

秋の夜長に医療を見つめなおす良書である。

 

Kindle版が、読みやすい。

患者は知らない 医者の真実

患者は知らない 医者の真実