仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

一つの文には一つの要素

 

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

 

私は文章を書くことを仕事にしているが、今回紹介する資料は非常に気づきが多くためになった。

 

インターネット時代になって、ますます文章力が求められるようになっている。

 

テレワークなどの在宅勤務が拡大し、従来であれば対面や口頭で行っていた報告や連絡、相談などがパソコンの画面上で文章を通じて行われることが増えてきたからだ。

 

私の場合、取引先とのやり取りは基本的にすべてオンラインであり、文章力がここでも求められることになる。

 

この資料の中で印象的だったのは、「一つの文章には一つの要素(P30)」部分である。

 

私の場合、記事の読者のほとんどがスマートフォンを使っているため、文章は短めで段落を区切る頻度が多くなっている。

 

そのため、一つの文章に多くの要素を入れることができず、自動的に一つだけの要素になる。

 

「主語と述語がしっかりかみ合うようにする(P31)」など一見当たり前のことばかり出てくるが、意識している人は少ないため、この資料に書かれていることを実践することで売れっ子ライターになれる可能性がある。

 

イラストが多く読みやすく設定されているため、疲れている時などにおすすめの一冊だ。

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~