仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

歯は最重要課題

 

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで

 

 

 

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで

 

自営業者にとっては健康であることが最重要であり、個人事業主の場合は自分が倒れてしまうと収入が途絶えてしまうため、体力のある人が多い。

 

私の場合、健康に気を付けながら歯の状態にも気を配っている。

 

見た感じの美しさだけではなく、少しでも違和感を感じたらすぐに処置を行うようにしている。

 

また、3カ月に1度はクリーニングと歯科検診を受け、清潔な状態を維持すべく努力を続けている。

 

今回紹介する資料は、歯の痛みに関する歴史を文化面から解説している。

 

ハリウッド俳優や女優たちが真っ白な歯を持つことによって、世界中の審美歯科が繁盛したという「100万ドルのほほえみ(P320)」部分は興味深く、映画が好きな人にとって面白く読める箇所だろう。

 

秋の夜長におすすめの一冊だ。

 

Kindle版が、読みやすい。 

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで

歯痛の文化史 古代エジプトからハリウッドまで