仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

国が仮想通貨を発行する時代

 

新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本

新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本

 

北朝鮮のミサイル発射を受けて、ビットコインの価格が再び上昇し、1ビットコイン50万円の高値を突破している。

 

2017年後半は300以上の仮想通貨が新たに発行されると言われており、どの仮想通貨に投資を行えばよいか迷っている投資家が多いと言われている。

 

そんな中、今回紹介する資料は仮想通貨の正体を詳細まで分析した面白い本だ。

 

最近は、政府が仮想通貨発行に関わるケースが出てきており、「アイスランド国民のためのオーロラコイン(P90)」などは、その典型例と言えるだろう。

 

既存の資産運用会社の中にも仮想通貨への投資を検討するところが出てきており、暴落リスクがありながらも、「持たないリスク」の方が高いと判断するところが出始めている。

 

教養の一環として読んでおきたい一冊だ。

新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本

新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本