仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

ギッフェン財の謎

 

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)

 

ダイヤモンドやブランド品のように、価格が上がるにつれて売れ行きが増すものをギッフェン財という。

 

価格が上がることで売れ行きが下がり、価格が下がれば売れ行きが上がるものを正常財という。

 

ぜいたく品がギッフェン財になるのかと思いきや、貧困地域での生活必需品がギッフェン財になることがあると本書は解説している。

 

オイルショックが発生した時、日本ではトイレットペーパーの価格が高騰したが、売れ行きも伸びた。

 

当時の日本では、トイレットペーパーがギッフェン財だったと考えられるかもしれない。

 

身近な事象について、深く考えさせられる良書である。

 

Kindle版が、読みやすい。

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)