コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家をやっているコインマンです。

プロ野球選手並みの好待遇

 

明治の金勘定 (歴史新書)

明治の金勘定 (歴史新書)

 

現在の日本の総理大臣の年収は、4,000万円程度だと言われているが、アメリカ大統領は20万米ドル(約2,200万円)程度に抑えられている。

 

ただ、アメリカ大統領の場合、在任中はキャッシュカードを持ち歩かないらしく、自分でお金を使う場面がないため、4年経つと80万米ドル(約8,800万円)がまるまる口座に入っていることになるらしい。

 

トランプ大統領の場合、民間の仕事をする方が稼げるはずだから、80万米ドルという金額には興味を示さないだろう。

 

今回紹介する資料は、明治時代の物価について考察を行っている。

 

興味深いのは、初代総理大臣である伊藤博文の年収が、現在の価値で約2億4,000万円程度だったという説明である(P112)。

 

プロ野球選手並みの好待遇を受けていた伊藤だが、愛人を各地に作っていたことでほとんど貯金がなく、借金までしていたという話もある。

 

明治時代の逸話を知る上で貴重な資料になっている。

明治の金勘定 (歴史新書)

明治の金勘定 (歴史新書)