仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

使ってはいけない三大用語

 

少ない人数で売上を倍増させる接客 (アスカビジネス)

少ない人数で売上を倍増させる接客 (アスカビジネス)

 

今回紹介する資料は、人手や資金が限られている中小企業が売上を倍増させるためのノウハウについて、解説がなされている。

 

印象的だったのは、「使ってはいけない三大用語を封印して間を詰める(P50)」部分だ。

 

接客販売で使ってはいけない用語として、本書は以下の三つをあげている。

 

1.「○○だと思いますよ」

2.「たぶん・・・」

3.「おそらく・・・」

 

接客で起こりがちなトラブルとして、本書は「見切り発車接客トーク」があると言う。

 

上記三つの用語は、見切り発車接客トークの代表例であり、クレームや取引停止などの問題を引き起こしかねないそうだ。

 

接客業や営業に携わっていない人であっても、ビジネスの現場では上記三つのフレーズを使わない方が無難だろう。

 

私の場合、ほとんどがメールかチャットで済んでいるが、今からこの三つを使わないように意識しようと思っている。

 

外回りの営業職や店舗で接客業をしている人にとって、気づきになることやビジネスのヒントが詰まった良書である。

少ない人数で売上を倍増させる接客 (アスカビジネス)

少ない人数で売上を倍増させる接客 (アスカビジネス)