元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

AIでほとんどの業務が代替可能

 

銀行員 大失職

銀行員 大失職

 

今年(2017年)4月、あるメガバンクの入行式で頭取が、「店舗のほとんどの業務がAIで代替可能になる」と述べたことが話題になった。

 

インターネット専業金融機関の業績が好調であるのは、店舗を持たず、固定費がかからないことが要因であると言われている。

 

私自身、金融機関の店舗に行くことはほとんどないし、インターネット専業金融機関のウェブサイトで多くの取引を行っている。

 

本書は、ブロックチェーンなどの発展より、金融機関そのものの存在意義について疑問を投げかけている。

 

高コストの人員、店舗、古いシステムが金融機関における経営の重しになっていると言われているが、今後金融機関で働いている人たちがどのようなキャリアを築いていくべきかという点についても、元バンカーの視点から鋭く解説している。

 

銀行、証券会社、保険会社などの金融機関にお勤めの人に、おすすめの一冊だ。

 

銀行員 大失職

銀行員 大失職