会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

ややこしい法体系

 

FinTechの法律 2017-2018

FinTechの法律 2017-2018

 

FinTechが騒がれているが、この分野において日本はアメリカから2周以上遅れていると言われている。

 

その理由の1つが、ややこしい法体系であり、複数の法律が絡み合っていることで、イノベーションを阻害している状態だ。

 

最近流行っているソーシャル・レンディングでは、借り手に貸金業法、貸し手に金融商品取引法が適用されているため、事務処理を複雑にし、管理コストを引き上げていると言われている。

 

行政の縦割りが背景にあるのだが、法律には従う必要があるため、FinTech関連のビジネスをしている人は、本書を熟読して打開策を考えてみてはいかがだろう。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

FinTechの法律 2017-2018

FinTechの法律 2017-2018