会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

過労死と男性優位社会

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
 

最近話題になっているこの本を読んでみた。

 

電通の過労死事件を受けて、メディアが取り上げているため、目にしたことがある人は多いだろう。

 

問題の本質は、日本の男性優位社会にあると私は考えている。

 

日本の企業や役所の管理職は、日本人男性ばかりで、付き合い残業なるものが未だに残っている(実際に目にした時は、本当に驚いたものだ)。

 

経営判断に外国人や女性、若手の意見が反映されない限り、過労死が日本からなくなることはないだろう。

 

付き合い残業があるような職場からは、早めに撤退することが賢明だろう。

 

それが普通だと思うようになると、大変危険である。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)