会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

月光と月明

 

月光 (斉藤和義 : オリジナル歌手) (ドラマ「家族のうた」より)

月光 (斉藤和義 : オリジナル歌手) (ドラマ「家族のうた」より)

 

月末は、ほとんど月が見えないが、この曲を聴いて、月明かりが恋しくなった。

 

月関連の曲や詞が好きで、俳句も月が付くものに惹かれる。

 

「子規逝くや 十七日の 月明に」

 

これは正岡子規が亡くなった時に、高浜虚子が詠んだとされる俳句である。

 

数ある俳句の中で、私はこの句が一番好きだ。

 

司馬遼太郎の名作「坂の上の雲」に、この俳句が出てくる。

 

この作品を読んだのは、20年以上前だが、秋山兄弟や正岡子規高浜虚子の話が、未だに思い出されるということはやはり名作だったのだろう。

 

月光」を聴きながら、「坂の上の雲」を読むのも粋である。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

月光 (斉藤和義 : オリジナル歌手) (ドラマ「家族のうた」より)

月光 (斉藤和義 : オリジナル歌手) (ドラマ「家族のうた」より)