仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

モンロー主義への回帰?

 

「アメリカは、もはや世界の警察になりえない」

 

上記は、アメリカ合衆国前大統領バラク・オバマの言葉である。

 

20世紀後半は、世界の警察として様々な国、地域に干渉してきたアメリカだが、ここに来て昔のモンロー主義に戻ろうとしているようだ。

 

モンロー主義は、 第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で提唱した。

 

モンロー主義は、「アメリカ大陸とヨーロッパ大陸は干渉しないでおこうよ」という呼びかけであり、「他国のことは知らない」という外交宣言とも言える。

 

モンロー主義が発表されて、200年近く経ったが、アメリカは再びその時代に戻るのだろうか。

 

今回紹介する資料には、そのヒントが隠されている。

 

Kindle 版が、読みやすい。