会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

漫画版赤川次郎?

 

学生時代、赤川次郎の本を読んで、「どうしてこんなに人が死ぬのだろう?」と感じたものだ。

 

今回紹介する「悪の教典」は、漫画版赤川次郎と言えるくらい、人がいなくなっていく。

 

元は小説で、漫画化と映画化が行われた作品なので、ご存じの方も多いだろう。

 

漫画が面白かったので、今度は映画を観る予定である。

 

絵が上手いこともあり、漫画は一気に読めるだろう。