会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

オバマケアとNPO

 

オバマ政権の経済政策:リベラリズムとアメリカ再生のゆくえ

オバマ政権の経済政策:リベラリズムとアメリカ再生のゆくえ

 

現在のトランプ政権は、オバマケアと呼ばれる医療保険改革法を、「修正する」と豪語している。

 

上下院の過半数共和党が占めており、今後様々な議論が行われるだろう。

 

オバマケアは、日本の国民健康保険とは違い、無保険者に対して、民間の健康保険への加入を促す仕組みである。

 

オバマケアの導入で活躍したのが、NPOである。

 

本書「市場重視型の医療保障制度におけるコミュニティの役割(P135)」部分に、詳細が記載されている。

 

アメリカ社会にはNPOが根付いており、「保険加入や医療扶助の申請や更新の手続きの支援(P135)」などに、積極的に関わっている。

 

日本はNPOの存在が小さいが、社会の根底にまでNPO活動が行き渡るためには、政治と地域社会の潤滑油的な役割に活路を見いだす必要があるのかもしれない。

 

本書を読んで、そう感じた。

 

トランプ政権は、オバマ政権の政策をひっくり返そうとしており、今後の方向性を占う上で、本書は参考になる資料だ。

 

オバマ政権の経済政策:リベラリズムとアメリカ再生のゆくえ

オバマ政権の経済政策:リベラリズムとアメリカ再生のゆくえ