仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

イスラエルのユダヤ教

 

国のために死ぬのはすばらしい?

国のために死ぬのはすばらしい?

 

イスラエルユダヤ人の国だが、全員がユダヤ教を熱心に信仰しているわけではない。

 

本書によると、「ユダヤ教を熱心に信仰するのはイスラエルの全ユダヤ人の三割以下(P72)」だという。

 

イスラエルでは、徴兵制が採用されているが、全国民に兵役義務があるわけではない。

 

兵役義務を持つのは、イスラエル在住のユダヤ人(ユダヤ教徒)が中心で、キリスト教徒やイスラム教徒などは、兵役義務を有しないのだ。

 

そのため、イスラエル軍では、どの基地にもユダヤ教の指導者であるラビがいる。

 

詳細は、本書「戦闘機のパイロットなれなくて良かった(P71)」を確認頂きたいが、イスラエルの事情が垣間見えて、興味深い。

 

イスラエルでは、在外選挙(外国に住んでいる人が、滞在先の大使館などを通じて選挙に参加すること)がないことなども、本書で初めて知った。

 

日本に住むイスラエル人の考えを知る上で、貴重な資料である。

 

国のために死ぬのはすばらしい?

国のために死ぬのはすばらしい?