読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

日本のNPOの現状

 

新市民革命入門――社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学

新市民革命入門――社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学

 

日本は世界的に見ても、NPOの規模が小さい社会だ。

 

一方で、2016年7月末時点で、日本のNPO法人数は38,661もあるのだ(P25)。

 

また、NPO法人として登録していない、いわゆる任意団体も多数ある。

 

数的には多く感じるNPOだが、身近にNPOで働いている知り合いがいる人は、少ないだろう。

 

私の友人でも、NPOに勤務している人はいない。

 

日本でNPOというと、ボランティアのイメージが強いが、アメリカのNPOは、民間から社長を引っ張ってくるなど、資金力のあるところも多い。

 

本書は、日本のNPOの現状や、今後の目指すべき方向性を指し示している珍しい書籍である。

 

NPOに興味のある方は、一度手に取ってみよう。

新市民革命入門――社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学

新市民革命入門――社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学