仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

一夫多妻制の町

 

経済発展すると、人口増加が止まるのは世界共通である。

 

経済発展で進学率が高まり、教育にお金がかかることが1つの理由である。

 

しかしながら、経済が発展しても人口が増えている地域がある。

 

中東だ。

 

中東では、一夫多妻制が採用されている国が多い。

 

経済発展しても人口が増える要因は幾つかあるが、一夫多妻制は要因の1つだろう。

 

日本の場合、重婚が刑法に触れるため、一夫多妻制は採用できない。

 

今回紹介する「ハレ婚。」は、東京での生活に疲れた22歳の前園小春が、実家のある地方の町に戻る物語だ。

 

その町が特区として、一夫多妻制を採用し、少子化・過疎化対策の切り札にしたのだ。

 

なぜか小春は、ある男の3番目の妻になる。

 

不思議な話だが、中東では普通に行われていることだ。

 

架空の物語だが、これぐらいのことをやらないと日本の少子化は歯止めがかからないのかもしれない。