会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

飲み会は不思議なもの

 

ありのままの自分を認める ~人生を成功に導くアドラー心理学

ありのままの自分を認める ~人生を成功に導くアドラー心理学

 

本書で印象深いのは、「飲み会での習慣は外国人には不思議なもの(P60)」部分だ。

 

お互いのコップにビールを注ぐ習慣は、外国人からすると、非効率に見えるようだ。

 

「コップが空いているなら自分で注げばいいだけのことなのに(P60)」

 

これらの不思議な習慣に加え、日本の場合、喫煙可の飲食店があることも外国人にとって、ストレスになりうる。

 

海外では、屋内禁煙が一般的で、タバコの煙が充満する中、外国人が食事をすることはほとんどないのだ。

 

私は外資系企業に勤めていた際、ある同僚が、「この会社は、飲み会がないから良い」と言っていたことを思い出す。

 

本書は、アドラー心理学に関する書籍だが、様々な習慣に関する記述も多い。

 

「ボランティア活動のアピールは劣等感の埋め合わせかも(P218)」などの賛否両論の記載もある。

 

現状に悩んでいる方は、本書を手に取って、温泉にでも出かけてみよう。

 

ありのままの自分を認める ~人生を成功に導くアドラー心理学

ありのままの自分を認める ~人生を成功に導くアドラー心理学