読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

大学に行くメリット

 

本書で印象深いのは、「大学に行くメリットとは何か(P43)」部分だ。

 

大学に行くメリットは、主に以下の6つだとしている。

 

1. 大学に行かないと、年収において損をする

2. 高卒の仕事が少なくなってしまった

3. 大学はモラトリアムでもなくなってきている

4. 大学卒業後の進路は就職がメインである

5. 素晴らしい無名大学は存在する

6. 大学の価値は教育力だけではない

 

以前は、1部上場企業でも、高卒の社長がいたが、最近はあまり聞かない。

 

松下電器産業(現・パナソニック)の山下俊彦元社長は高卒だったが、現在の津賀一宏社長は、日米の修士号を持つ高学歴である。

 

本書「「就活」と日本社会」は、大卒一括採用という日本独自のモデルについて、学術的に分析している。

 

筆者の修士論文がたたき台になっているだけあって、定量分析もあり、知的興奮を味わえる良書である。

 

就活中の方、転職検討中の方、企業の人事採用担当者の方などに、おすすめの一冊だ。

 

Kindle版が、読みやすい。