読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

翻訳は日本語力

 

最近は、家で翻訳の仕事をする人が多い。

 

語学力があれば、自宅で色々なことができる時代になったのは、喜ばしいことだ。

 

本書は、翻訳界の伝説的存在である筆者による「仕事論」に関する書籍である。

 

印象深いのは、「翻訳に必要なのは『日本語力』だった(P122)」部分だ。

 

「帰国子女が翻訳業を目指すときに必要なのは、実は日本語力をつけることなのだ(P123)」

 

帰国子女が日本企業で働く際にも、日本語力が求められる。

 

日本語力を向上させるためには、読書が一番だ。

 

最近は本を読む人が減っており、読書をするだけで、他の人よりも差をつけることができる。

 

このブログは、ありとあらゆる書籍を取り上げている。

 

興味のある分野の本を、ぜひ手に取ってみよう。