読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

スポーツ界はクリーン?

 

職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち

職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち

 

本書は、職場での粉飾、横領、詐欺など、実際に行われた不正をケースで紹介している。

 

真面目で誠実そうに見える普通の人が、不正を起こすパターンが多い。

 

問題が発生してから、慌てて対応するパターンが大半のようだ。

 

興味深いのは、「日本のスポーツ界が比較的クリーンな理由(P49)」部分だ。

 

日本のスポーツ界が、海外に比べてクリーンなイメージがある理由として、本書は以下のように述べている。

 

「日本のスポーツ界自体にお金が集まりにくいから不正をするような人たちも集まらない(P50)」

 

上記は、非常に分かりやすい仮説である。

 

粉飾、横領、詐欺などの不正は、お金があるところで発生する。 

 

天下りなどの問題が騒がれているが、大学に元官僚を雇用するお金があるから違法行為が発生するとも言える。

 

内部監査の仕事をしている方は、一度本書を読んで欲しい。

 

実務にいかせる部分があるはずだ。

 

Kindle版が、読みやすい。

 

職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち

職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち