仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

外資系企業の現実

 

普通に働け (イースト新書)
 

外資系企業への転職について、時々相談を受けることがある。

 

外資系企業の良い点と悪い点を、私なりにまとめてみた(あくまで私見)。

 

○良い点

・役職名で呼ぶ必要がない(さん付)

サービス残業や付き合い残業がない

・休暇が取りやすい

 

●悪い点

・所属している部署以外のことに無関心な人が多い

・退職勧告受ける可能性が高い

・ヒラメ(上しか見ない人)が多い

 

今回紹介する「普通に働け」の「外資系企業に騙されない(P168)」でも、管理部門を例にとって、外資系企業の裏の顔を暴いている。

 

「みんながイメージする外資系企業の洗練された、実力主義の光景でなく、かえって仕事ができず、社畜化した人間が多数いる(P168)」

 

業界や企業にもよるが、当たらずも遠からずという感じだ。

 

外資系企業へのエントリーや転職を考えている方に、おすすめの一冊だ。

 

Kindle版が、読みやすい。

 

普通に働け (イースト新書)

普通に働け (イースト新書)