仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

グルーエン効果

 

買いたがる脳 なぜ、「それ」を選んでしまうのか?

買いたがる脳 なぜ、「それ」を選んでしまうのか?

 

ショッピングセンターなどの商業施設は、脳がショッピングをするような状態になるよう、様々な仕掛けが施されている。

 

その切り替えは、ショッピングゾーン敷地内に入ると同時にはじまり、30秒以内に完了する。

 

ショッピングセンターに入った際、生じる精神的、肉体的変化は、「グルーエン効果(P153)」と呼ばれる。

 

グルーエン効果は、近代的なショッピングモール考察者であるオーストリアの建築家ビクター・デイビッド・グルーエンに、ちなんで付けられた。

 

ディズニーリゾートに行くと、非日常を感じるが、あれは正にグルーエン効果で、意図されて作られた仕組みなのだ。

 

グルーエン効果は、様々な場面でマーケティング戦略として、応用可能だ。

 

本書は、「なぜそれを選んでしまうのか?」をキャッチフレーズに、様々なマーケティング手法を紹介している。

 

広報、マーケティング分野に携わる方に、おすすめの一冊だ。

 

買いたがる脳 なぜ、「それ」を選んでしまうのか?

買いたがる脳 なぜ、「それ」を選んでしまうのか?