仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

不法原因給付

 

会社員時代、クレジットカード会社に出向していたことがあり、そこで貸金業務取扱主任者という資格を取った。

 

クレジットカード会社には、監督官庁が2つあり、経済産業省金融庁に届出を行う必要があり、驚きの二重行政が存在する。

 

今回紹介する「嘘喰い」は、ギャンブルを題材とした作品で、闇金業者も登場する。

 

最近、ニュースを賑わしている闇賭博場も出てきて、命をかけるギャンブルまで描かれている。

 

1巻で、不法原因給付に関する具体例も出てきて、「ナニワ金融道」のように実務的な勉強にもなる漫画だ。

 

ギャンブルは、基本的に損をする仕組みになっており、そのことを再認識させられる資料だ。