会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

三番か四番か

 

草野球の教科書

草野球の教科書

 

日本は、草野球が盛んである。

 

もしかしたら、世界一、草野球が盛んな国かもしれない。

 

マニアックな話だが、日本の外資系金融機関の草野球チームが争う「外銀リーグ」というものまである。

 

私自身、参加していたことがあり、雇用が流動的な外資系金融機関だけあって、元同僚が相手ピッチャーだったりして、中々楽しかった。

 

本書は、「草野球ならではの勝つためのポイント」を解説している。

 

「チームナンバーワン打者は三番に置く(P11)」という実用的なものから、「当てられても痛くない!とデッドボールを誘う!(P35)」というきわどい内容まで、様々な手法が紹介されている。

 

草野球に参加している方に、おすすめの一冊だ。

 

草野球と言えども、やはり勝利は重要である。

 

草野球の教科書

草野球の教科書