会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

縁の切り方

 

縁の切り方 (小学館新書 228)

縁の切り方 (小学館新書 228)

 

縁を切りたいが、中々切れない人がいるのは、よくあることのようだ。

 

そんな方におすすめなのが、本書である。

 

なにせ、「縁を切る時のポイント(P158)」を提示してくれているのだ。

 

①自分の方に圧倒的に理があり、相手に非がある状態であることを確認できる

②その人と縁を切ったとしても、①の状態であるが故に自分の評判は下がらないことが見込まれる

③その人と縁が切れても生活が困らないことが確信できる

④その人と縁が切れることで、ストレスが軽減される

⑤その人のヒドさを認識している知人が存在する

 

「実際に縁を切るのであれば、キレるパターンか、丁重に相手の非を並べるやり方が2つある。まぁ、後者の方が良いだろう(P158)」

 

面白い発想である。

 

ちなみに、本書では、一度縁が切れた人と、関係が復活した例も述べられている。

 

人間関係に悩み続ける前に、本書を手に取ろう。

 

縁の切り方 (小学館新書 228)

縁の切り方 (小学館新書 228)