読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

この本はいらない?

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

「パッと読んで、気づいて、この本は捨ててしまおう(P8)」

 

本書のポイントは、上記である。

 

つまり、「本当にやりたいことがあるのならば、こんな本を読んでないで、早く始めるべき」という訳だ。

 

「本当にやりたいなら『リスク』は考えない(P53)」は、中々の名ゼリフである。

 

また、筆者は、3つの重要な点を挙げている。

 

1. 言い訳しないこと

2. バランスをとろうとしないこと

3. 「自意識」と「プライド」を捨てること

 

本書には、「嫌われる勇気」がよく登場する。

 

以前のブログ「承認欲求を否定する」でも紹介したが、アドラー心理学では、「言い訳」を一切認めない。

 

「でも」が口癖になっている人は、上記2冊を手に取ろう。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)