仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

フィードバックのルール

 

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

 

以前、月1回のフィードバック会合をおすすめしたことがある。

 

会社員の場合、半年か1年に一度、上司からフィードバックを受ける機会があると思うが、私のおすすめは、これを月次で行うこだ。

 

30分でいいので、月次で行うと、仕事がスムーズになってくる。

 

本書でも、「フィードバックが成長を加速させる(P101)」で、フィードバックの重要性が述べられている。

 

印象深いのは、「フィードバックを与える時に守るべき『三つのルール(P107)」である。

 

1. 最初に「強み」から挙げる

2. 欠点をそのまま「欠点」とか「弱み」というのではなく、「ディベロップメント・ニーズ(成長すべきところ)」と表現する

3. 「できないことではなく、精一杯手を伸ばせば届きそうなポイント」をフィードバックする

 

上記は、マッキンゼー流であるが、他の業界でも使える方法である。

 

世間話で終わってよいので、皆様も、月次フィードバックを始めてみてはいかがだろうか。

 

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?