仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

国民皆保険はいらない?

 

本書のタイトルは、「あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?」である。

 

私の仕事は、当然ながら、このブログの読者の皆様を幸せにすることである(やっと言えた!)。

 

フランス留学時代、中国人とインド人の圧倒的な力を感じ(数が多かったこともあるが)、私を含め日本人全体がもっと勉強する必要があると強く感じた。

 

学位を取るという方法もあるが、読書が最も効率的な勉強方法であると私は感じている。

 

自分が読んだ本をブログで紹介し、もっと多くの日本人に読書をしてもらい、教養を高め、世界に通じるビジネスパーソンになってもらうことが、このブログの最終目標だ。

 

前置きが長くなったが、本書で印象深いのは、「『世界に冠たる国民皆保険』の大ウソ(P46)」部分だ。

 

「まず国民皆保険を全廃すること。その上で、まったく新しい医療セーフティネットを構築すること(P52)」

 

上記のように、本書は、国民皆保険の全廃を主張している。

 

私は、最近、本書の考えに近くなりだしている。

 

会社員を辞めた後、当然ながら、国民健康保険に加入している。

 

私は、普段から健康に気を使っており、この10年で病院に行ったのは、歯医者以外ない(しかも検診)。

 

そうすると、支払った保険料の方が、医療費よりも大幅に多くなる。

 

国民皆保険は、「健康な人や健康に気を使う人が損をする」仕組みとも言える。

 

では、アメリカ型の医療保険制度がいいのか?

 

悩ましいところである。

 

皆様は、いかがお考えだろうか。