仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

アメリカの26%

 

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

 

以下の現実を、ご存じだろうか。

 

●日本の生産性:先進国最下位(世界27位)

●1人あたり輸出額:世界第44位

●1人あたり製造業生産額:G7平均以下

●1人あたりノーベル賞受賞数:世界第39位

 

1990年、日本のGDPはアメリカの70%あった。

 

それが、2014年には26%まで下がってしまった(ドル換算ベース)。

 

「不思議なことに日本国内では、『失われた20年』と言われているわりには、何をどれほど失ったのかが正しく認識されていないような印象を受けます(P89)」

 

GDPで、中国に抜かれたことはよく報道されるが、他の部分にも目を向けるべきと本書は唱えている。

 

「経済成長はもはや不要ではないか」という論調があるが、その考えは、「衰退を目指す」と言っているようなものだ。

 

若い方に、ぜひ読んで欲しい一冊だ。

 

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論