仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

不正発覚は民主主義?

 

「政務活動費」ここが問題だ (自治体〈危機〉叢書)

「政務活動費」ここが問題だ (自治体〈危機〉叢書)

 

政務活動費の使途について、様々な報道がなされている。

 

「政治家は腐っている」という意見もあるが、不正発覚は民主主義が機能している証拠とも考えられる。

 

問題なのは、政務活動費に関する法律を改善しようとしない国会であり、グレーな手法を取る地方政治家を攻めても、問題は解決しない。

 

「メロン貯蔵庫53万円(P156)」、「海外視察での携帯電話代41万2289円(P156)」など、様々な政務活動費の不正使用例が、本書で紹介されている。

 

18歳になり、選挙権を手にした人や、これから選挙に出ようと考えている人などに、おすすめの一冊だ。

 

「政務活動費」ここが問題だ (自治体〈危機〉叢書)

「政務活動費」ここが問題だ (自治体〈危機〉叢書)