元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

3時の散歩

 

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

 

会社員時代、時々、昼休みに散歩をするイベントがあった。

 

普段、話すことの少ない人達と接する機会になり、とても有意義だったことを覚えている。

 

本書は、アメリカのソフトウェア開発会社である「メンロー・イノベーション」の職場環境を紹介している。

 

「数年前、昼食のあとから終業までの時間が、休憩なしでやるには長すぎると感じたチームがいた。そこでチームは休憩を入れることにした。そのチームは3時の散歩を発明した(P90)」

 

歩くことが、脳にとって最高の刺激になることは、よく知られている。

 

本書の中で、午後にチーム全員で散歩をすることが、一番面白いと感じた。

 

飲み会などをやるより、散歩をする方がコミュニケーションは深まると私は、確信している。

 

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント