仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

いつストップをかけるか

 

私の経営論

私の経営論

 

「判断が難しいのは、むしろ『いつストップをかけるか』という点にあります(P99)」

 

第二次世界大戦で、日本が壊滅的な敗北を喫した理由の1つに、いつやめるかを決めていなかったことがあるとされる。

 

企業経営でも同じで、本書のいう「いつストップをかけるか」が経営の重要な役割だろう。

 

筆者は、1980年からオリックスの社長を務め、現在はシニア・チェアマンという立場にいる。

 

私自身が会社員をやっていたとき、「いつやめるか」の判断の支障になったのは、「それを始めたトップがいつまでもいること」だったような気がする。

 

1年ごとに社長が交代する組織はどうかと思うが、オリックスのように35年以上もトップに同じ人が君臨するのもいかがなものかと思う。

 

「いつストップをかけるか」も重要だが、「いつトップをやめるか」も経営者にとって、大切な判断だと感じた一冊だ。

 

私の経営論

私の経営論