仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

薬物中毒は病気である

 

保護観察とは何か: 実務の視点からとらえる

保護観察とは何か: 実務の視点からとらえる

 

薬物問題がメディアを騒がしているが、他の国では、これほど大騒ぎになることは少ない。

 

海外では、薬物が蔓延しており、ニュース価値があまりないからかもしれない。

 

私は、薬物中毒が病気だと考えており、特にケアもせず、刑務所から出せば、再犯になるのは当たり前だと考えている。

 

薬物中毒者は、重い病気にかかっているという理解がないと、再犯は防げないだろう。

 

そんな中、薬物中毒者リハビリテーション施設であるダルクが、様々なメディアで紹介されている。

 

病気である中毒者には、周りのサポートと監視が必要であり、ダルクは社会的にも大きな意味を持つ施設である。

 

本書「地域における支援とダルク(P125)」部分で、ダルクの紹介が行われている。

 

薬物中毒の家族や友人を抱える人は、一読すると良いだろう。

 

繰り返しになるが、薬物中毒は重い病気であり、自力では治せない。

 

ガンになったら病院に行くように、中毒者も特別な施設で治療が必要だ。

 

保護観察とは何か: 実務の視点からとらえる

保護観察とは何か: 実務の視点からとらえる