元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

合併が難しい理由①挨拶

今回は書評ではなく、会社員時代に3回の合併を経験した私が、合併がうまくいかない理由をシリーズでお送りする。

 

第1回は、挨拶である。

 

「挨拶?」と思われた方がいるかも知れないが、企業によって結構違いがあるのだ。

 

外資系企業の場合、上司、部下などの上下関係にかかわらず、朝は全員が、「おはようございます」というケースが多い。

 

「当たり前だろ」と思われた方がいるかもしれないが、日系企業は少し違う。

 

日系企業では、上司やシニアの人が、「おはよう」と言って、「ございます」をつけないことが多いのだ。

 

対した違いに見えないかもしれないが、実際に働いている人からすると、大きな変化である。

 

皆様が、「おはよう」の職場におり、合併で「おはようございます」の文化の企業を買収した場合、「おはようございます」に修正することをおすすめする。

 

合併の7割から8割は、失敗すると言われている。

 

数少ない成功のケースに入るためには、細かい部分への気配りが欠かせない。