会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

自分を責めるな

 

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉

 

「どうして、自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、いいじゃないですか(P28)」

 

過重労働で体調を崩す人は、真面目な傾向にあり、自分を責めがちである。

 

そんな人は休暇を取り、本書を持って温泉にでも行こう。

 

本書は、アインシュタインの150の言葉を紹介しており、人生、哲学、倫理、政治など、様々なテーマに対する名言がおさめられている。

 

老後や年金の心配をしている若者には、この名言を送りたい。

 

「わたしは、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから(P29)」

 

その通りである。

 

先のことを考えて、暗くなっても意味がない。

 

今、打ち込めるものに熱中すべきなのだ。

 

ちなみに、このブログで度々登場しているアインシュタインの名言もちゃんと紹介されている。

 

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう(P26)」

 

私は、やはりこの名言が一番好きだ。

 

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉