仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

「行けたら行く」はタブー

 

「行けたら行きます」は会社でNG! 大人のタブー常識

「行けたら行きます」は会社でNG! 大人のタブー常識

 

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである」

 

上記は、アインシュタインの名言だ。

 

会社員時代、様々な常識やタブーに苦しめられた。

 

私は、会社員時代、3回の合併を経験しており、会社によって、常識やタブーが異なっていた。

 

本書の興味深いところは、タブーをおかす人への対処法が書かれていることだ。

 

飲み会などで、「『行けたら行く』の人には場所などを教えないこと(P37)」部分は、かなり実用的だ。

 

あまり飲み会に参加しなかった私は、「行けたら行く」という人を見たことがないのだが、結構やる人がいるということなのだろうか。

 

発見が多い一冊だった。

 

「行けたら行きます」は会社でNG! 大人のタブー常識

「行けたら行きます」は会社でNG! 大人のタブー常識