仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

見える手

 

サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

 

アダム・スミスは、「国富論」で「見えざる手」を説いている。

 

できるだけ、政府介入のない経済運営を行う方が合理的であるという考えが、「見えざる手」理論の背景にあるとされる。

 

しかしながら、「国富論」をよく読むと、政府や大地主などの「見える手」が、余計なことをする場合が多いことを問題視している。

 

今回紹介する「サードウェーブ」でも、「見える手(P189)」について解説している。

 

「政府と一緒に仕事をする方法ーそして政府に一緒に仕事をさせる方法ーがわからなければ、第三の波で起業家として成功できないだろう(P189)」

 

筆者は政府が苦手だが、今後もビジネスは政府と一緒にやっていかざるを得ないと述べている。

 

ちなみに、アダム・スミスは政府について、「余計なことをしがちだが必要」と言っている。

 

サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)