会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

まともな人間の定義

 

カラスと亀と死刑囚: パラドックスからはじめる哲学

カラスと亀と死刑囚: パラドックスからはじめる哲学

 

「われわれは『まともな人間』というものを『一貫性を備えた合理的人間』と信じる傾向にある。しかし、われわれが普段『当たり前』『まとも』と考えるような倫理観ですら或る状況においてはそれが揺らいでしまい、もともと一貫性などなかったのではないか、ということを示す状況がある(P180)」

 

本書は、上記の例として、有名な「トロッコ問題」を示している。

 

詳細は、本書を手に取って確認頂きたいが、どういう人間が「まともか」というのは、様々な局面で語られる。

 

人格破綻者と呼ばれている人から、「あなたは、まともではない」と言われたことがある。

 

本書のテーマは、「パラドックスから始める哲学」だが、パラドックスの前に、理屈が通じない場合が多いのも、人の世である。

 

カラスと亀と死刑囚: パラドックスからはじめる哲学

カラスと亀と死刑囚: パラドックスからはじめる哲学