会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

ネクタイがポイント

 

SPのお仕事

SPのお仕事

 

最近は、SPというだけで、要人などの警護担当であることが分かるようになった。

 

SPは、Security Police の略で、「警視庁警備部警護課の警察官」のことだ。

 

アメリカの映画では、SP が主役になっているものがあるが、日本ではあまり聞かない。

 

大統領の警護などを見ても分かるが、アメリカのSPは人数が多く、要人が襲われる可能性も高い。

 

印象深かったのは、「ネクタイさえも重要なポイント!(P71)」部分だ。

 

対象者とSPの間には、信頼関係が不可欠だが、「ネクタイの柄の趣味が根本的に合わない人とは、まったく距離が縮まらない(P71)」らしい。

 

四六時中、顔を合わせるため、顔の下にあるネクタイはポイントらしい。

 

知られざる日本のSPを知る上で、貴重な一冊だ。

 

SPのお仕事

SPのお仕事