会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

CSRとESG

 

投資家と企業のためのESG読本

投資家と企業のためのESG読本

 

以前、CSR(Corporate Social Responsibility)と呼ばれていた「企業の社会的責任」は、最近、ESG(Environmental Social Governance:環境、社会、ガバナンス)に変わっていることが多い。

 

「ESGというのは、つまるところ持続可能性(サステナビリティ)の要件と同じだと考えてよいのか(P14)」

 

上記質問に対して、本書は、「私見ながら、答えはイエスである(P14)」と述べている。 

 

「実はESGブームとも言える状況が、単なるブームとして終焉してしまうときこそが、地球や社会にとっては絶望的な事態を迎えるということなのだろう(P17)」

 

本書のエッセンスは、上記に全て含まれていると感じた。

 

経営者、広報関係者は、目を通しておきたい一冊だ。

 

投資家と企業のためのESG読本

投資家と企業のためのESG読本