会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

民主主義は最悪?

 

チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)

チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)

 

「民主主義は最悪のシステムだ。これまで試みられてきた、民主主義以外全ての政治体制を除いては」

 

上記は、チャーチルの有名なセリフである。

 

「民主主義は最悪の仕組みだが、社会主義共産主義はもっとひどい。他に選択肢がないから、民主主義を使わざるを得ないのだ」

 

私なりに解釈したのが、上記内容だ。

 

チャーチルと言えば、ナチスドイツとの戦いに勝利した英首相のイメージが強い。

 

ただ、1945年7月の英下院選挙でチャーチルは敗北し、首相を辞任しているため、日本が降伏した8月に首相の座にはなかった。

 

その後、1951年に首相に返り咲き、1953年には、なぜかノーベル文学賞を受賞している。

 

チャーチルがなぜ、「民主主義は最悪だ」と言ったかについて、垣間見える一冊だ。

 

チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)

チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)