元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

金はなぜ貨幣になったか

 

 

図説 金の文化史

図説 金の文化史

 

金が、金貨になった理由として、本書で興味深い仮説を知った。

 

その仮説は、本書「金を求めて(P5)」に記載されているが、概要は以下の通りだ。

 

---

金は、不純物が少ない状態で見つかることが多いため、高度な精錬技術を必要としなかった。

 

また、金は柔らかく、道具を作るには不向きだったため、最初は装飾に用いられることが多かった。

 

金が貨幣として使われたのは、美しさや気高さが理由ではなく、この「不向きさ」のせいではないか。

---

 

金は、現在でも投資対象になっている。

 

金利を生むわけでもない金に、なぜ人は魅了されるのか。

 

本書は、カラー写真などを用いて、金の文化史を解説している。

 

宝飾業界にお勤めの方などにとって、ビジネスの話題を提供してくれる一冊だ。

 

図説 金の文化史

図説 金の文化史