仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

プログラミング必修化

 

小学校にプログラミングがやってきた!  超入門編

小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編

 

2016年8月、アメリカのGE(General Electric)が、今後、採用する20代の社員について、職種に関わりなく、プログラミング能力を必須として科すことで、機構改革を進める方針を明らかにした。

 

このニュースを聞いて、「さすがGE」と思ったのは、私だけではないだろう。

 

世界には、プログラミングが小学校1年生から必修化されている国があり、初等教育におけるプログラミングの重要性を、本書は説いている。

 

フィンランドの事例(P102)」部分が、興味深い。

 

フィンランドでは、2015年度から教科書のデジタル化が始まり、プログラミングは、2016年から小学校1年生で必修化されている。

 

高校になると、授業、宿題、採点など、全てをウェブ上で行う学校もある。

 

先生は、生徒の出席状況や成績などをシステム上に打ち込むが、驚くべきことに保護者は、その内容をリアルタイムで閲覧可能なのだ。

 

教育関係者には、ぜひ読んで欲しい一冊だ。

 

小学校にプログラミングがやってきた!  超入門編

小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編