仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

台湾の経営の神様の娘

 

台湾企業の発展戦略: ケーススタディと勝利の方程式

台湾企業の発展戦略: ケーススタディと勝利の方程式

 

このブログは、台湾メーカーであるHTC(宏達国際電子)のスマホで書かれている。

 

台湾は、中所得の罠(自国経済が中所得国のレベルで停滞し、中々高所得国入りできない状況)に陥ることなく、産業の高度化を推進したと言われている。

 

エイサーやHTCなどのブランドが海外展開を果たし、多くの雇用を生んだことも要因だろう。

 

HTC会長の王雪紅は、台湾の経営の神様と呼ばれる王永慶(台湾プラスチックグループ創業者)の娘である。

 

面白いのは、王雪紅が父親からの支援を一切受けることなく、1997年にHTCを設立し、現在の地位を築いたことだ。

 

詳細は、「経営の神様・王永慶の反逆する娘(P224)」を確認頂きたいが、台湾企業の内幕は昼ドラ以上にドラマチックだ。

 

台湾企業の発展戦略: ケーススタディと勝利の方程式

台湾企業の発展戦略: ケーススタディと勝利の方程式