仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

面白い恋人

 

コピペと捏造:どこまで許されるのか、表現世界の多様性を探る

コピペと捏造:どこまで許されるのか、表現世界の多様性を探る

 

白い恋人石屋製菓)というお菓子は、北海道の代表的なお土産だ。

 

白い恋人を更に有名にしたのが、吉本興業が売り出した「面白い恋人」だ。

 

面白い恋人は、白い恋人のパロディで味もそれほど変わらなかった。

 

2011年に石屋製菓が販売差し止めを求めて提訴したが、2013年に吉本興業と和解が成立した。

 

面白い恋人の箱のデザインを若干変更し、関西地域でしか販売しないことが和解案だった。

 

現在でも、面白い恋人は関西地域で売られており、ミックスジュース味などのマニアックな商品まで出ている。

 

本書P135に、白い恋人面白い恋人の箱デザインが掲載されており、中々面白い。

 

模倣品と聞くと、外国をイメージするかもしれないが、国内でも色々あるようだ。

 

知的財産権関連業務をしている人にとって、必読の一冊だ。

 

コピペと捏造:どこまで許されるのか、表現世界の多様性を探る

コピペと捏造:どこまで許されるのか、表現世界の多様性を探る