仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

職業に貴賤はないはず

 

人権をさがして: 企業活動のなかで

人権をさがして: 企業活動のなかで

 

「職業に貴賤はない」

 

よく言われることだが、現実はそうでないようだ。

 

本書P37で、吉村昭の「休暇」という短編小説が紹介されている。

 

蛍 (中公文庫)」に入っているので、ご一読頂きたいが、刑務官が結婚のための休暇を取る話だ。

 

仲人が彼を、「お堅い公務員さん」と紹介し、刑務官と言わないことなどがつづられている。

 

西島秀俊が出演した映画「休暇 [DVD]」にもなっており、新婚旅行で特別休暇を取るため、主人公が死刑執行の支え役を志願する姿などが描かれている。

 

職業に貴賤はなくても、人間の意識に貴賤があるのかもしれない。

 

人権をさがして: 企業活動のなかで

人権をさがして: 企業活動のなかで