仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

カトリックが多い途上国

 

「なぜ、途上国ほどカトリックが多いのか(P41)」

 

カトリックの生まれ故郷である欧州よりも、中南米などの途上国にカトリック教徒が多い。

 

なぜか。

 

宗教改革プロテスタントに敗れ、カトリックは欧州で劣勢になり、海外に目を向けるようになった。

 

中南米カトリック信者が多いのは、スペインとポルトガルの植民地支配由来する。

 

カトリックの中絶禁止原則により、中南米は貧困と人口爆発に苦しめられることになった。

 

人を救うための宗教が、必ずしもプラスに働かない場面があることを痛感する。

 

宗教についての知見を求められるビジネスパーソンにとって、本書は必読の書である。