仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

額に入れ墨

 

マンガ 沖縄・琉球の歴史

マンガ 沖縄・琉球の歴史

 

温泉や健康ランドなどで、「入れ墨(タトゥー)可」のところが出だしている。

 

海外において、タトゥーはファッションである。

 

外国人が日本でジムに行くと、タトゥーをテープなどで隠すよう求められ、愚痴を聞かされることもある。

 

本書「流された江戸っ子(P77)」を読み、日本で入れ墨が嫌がられる理由がよく分かった。

 

江戸時代の沖縄(琉球)は、最南端の流刑地だった。

 

流刑人(犯罪者)は、逃亡を防ぐため、額に入れ墨をしていたといわれる。

 

入れ墨は暴力団の象徴というイメージが強いが、江戸時代は犯罪者を意味していた。

 

上記を含め、未知の沖縄を垣間見られる一冊だ。

 

マンガ 沖縄・琉球の歴史

マンガ 沖縄・琉球の歴史